新人選手選択会議(ドラフト会議)の概要

○新人選手とは、日本の中学校、高等学校、日本高等学校野球連盟に加盟が認められている学校、大学、全日本大学野球連盟に加盟が認められた団体に在学し、または在学した経験を持ち、 いずれのNPBの球団とも選手契約を締結したことのない選手をいう。
日本の中学校、高等学校、大学に在学した経験を持たない場合であっても、日本国籍を有するものは新人選手とする。
○球団が新人選手と契約するためには、新人選手選択会議(ドラフト会議)で、契約を希望する選手に対する選手契約締結の交渉権を獲得しなければならない。
○日本野球連盟に所属する選手に対しては、同連盟に登録後2シーズンは選手契約を締結しない。ただし、高校ならびに中学卒業の選手については、登録後3シーズンは選手契約を締結しない。 (※同連盟所属チームの解散または休部の場合は、この限りではない。)
また、チームおよび日本野球連盟の承認がない限り、同一チームから投手を2名以上選択することはできない。
○日本高等学校野球連盟に所属する選手および全日本大学野球連盟に所属する選手は、それぞれの連盟からプロ野球志望届の提出者として公示されている選手に限り、選択することができる。
⇒日本高等学校野球連盟ホームページ(http://www.jhbf.or.jp/)
⇒全日本大学野球連盟ホームページ(http://www.jubf.net/)
○新人選手であって、外国のプロ野球組織に属する選手または過去に属したことのある選手は、会議の7日前までに、いずれかの球団が選択対象選手とする旨をコミッショナーに通知し、 コミッショナーが選択可能選手であることを全球団へ通告する。
○指名順を決定する「球団順位の逆順」とは、その年度のセ・パ公式戦の球団順位の逆順に基づき、優先権を獲得したリーグの最下位球団を第1順位、他方のリーグの最下位球団を第2順位、優先権を獲得したリーグの5位球団を第3順位とし、 以下、同様にして定まる順番をいう。
リーグの優先権は、その年度に行われた日本生命セ・パ交流戦で勝ち越したリーグとする。
※2018年はパシフィック・リーグが優先権を獲得
○球団が選択した選手と会議の翌年3月末日までに選手契約を締結、支配下選手公示することができなかった場合は、球団はその選手に対する交渉権を失う。 ただし、日本野球連盟所属選手との交渉権は会議の翌年1月末日までとする。

選択手順
1巡目

第1巡目の指名は、「入札抽選」により行う。

○全球団が、選択を希望する選手名を同時に提出する。
○単独指名の場合はその球団の選択が確定。
○指名が重複した場合は抽選で決定する。抽選は「球団順位の逆順」で行う。
○抽選に外れた球団は再度入札を行い、指名が重複した場合は再度抽選で決定。
○全球団の選択が確定するまで繰り返し行う。

2巡目以降

第2巡目の指名は「球団順位の逆順」で行い、第3巡目の指名は「球団順位」で行う。以後交互に折り返しで指名する。

指名人数について

○全球団が「選択終了」となるか、選択された選手が合計120名に達したところで終了。ただし、国内の独立リーグ所属選手や外国のプロ野球選手を選択した場合は、その人数に含まない。
○各球団は原則として10名まで指名できる。ただし、他球団が10名に満たない人数で選択を終了することにより、全体で120名に達していない場合は、11人目以降の指名も可能。
○新人選手選択会議を終了した時点で選択された選手が合計120名に達していない場合、引き続き希望球団参加による「育成選手選択会議」を行う。


accesskey_0トップページ